スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最後の夏

29日の月曜日、現地時間の午後6時。

毎週定刻ならば1830の到着予定なので、私は空港の海岸沿いでその飛来を待っていた。


しばしば2時間や3時間の遅れが発生するというこの会社。
それなりの遅れは覚悟していたが、18時半を回った頃、ほぼ定時でアプローチに入電。

良く晴れた夕暮れの、遥か遠くの海上で右旋回をしている三発機の姿を視認。

ランディングライトが点灯、ギアダウン。

本命が迫りくる中、太陽が雲に隠れるか隠れないかの瀬戸際でどのように撮ればいいのか頭が混乱してしまった。

太陽が雲に隠れるより先に突っ込むと判断し、カメラを縦に持ち替えレンズを瞬間的に変えた。



s-_MG_92627.jpg
Biman Bangladesh DC-10-30 S2-ACP

落日迫る中、やってきたビーマン。余命僅かの世界最後の旅客DC-10型機。

またいつか、会える時が来るのだろうか・・・。


--- to be continued.
スポンサーサイト
[ 2013/08/04 23:00 ] 香港国際空港 VHHH/HKG | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。