スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

赤い守護神

2月1日

17:35発のエアードウ59便で旭川へ。
搭乗率は相変わらず満席に近かった。

s-_MG_1054(1)7.jpg

定刻に到着し、バスで宿へ向かう。

荷物置いたら夜の旭川で宴会。
回らない寿司屋に、はしごしてラーメン屋へ。

ホテルへ戻り、大浴場入って寝たのは1時過ぎ。

2月2日
予報通り、雨。この2月に雨だ。地元民も異常だと言っていた。

6:05発旭川始発の稚内行き普通に乗り、一路北上。

音威子府で定番の常盤軒の蕎麦を食べ、暴風の中撮影地へ向け歩く。

カンジキを使い、ひたすら雪山を登る。
飛ばされそうな風の中、三脚を立て構図を決める。

一時、視界が50mも無くなることもあった

いよいよ、12時を過ぎた。

突如、風がなくなったと思うと、遠くに四つ目のライトが見えた。


s-_MG_1070(1)7.jpg
雪372列車 DE15 2521

この数十秒だけ視界が開けたが、直後また暴風雪に見舞われた。
本当に奇跡だと思った。

無事に駅へ戻り、スナップや記念撮影をし、追っかけ。

しかし、雪がなく回送状態だったので2発目は残念な結果だった。

今度は明日のメインとなる雪351列車をバルブ撮影へ。


駅の近所で雪祭りが開催されており、地元の方のやる屋台で賑わっていた。
せっかくなので軽食を買い、祭りを見ていった。

17時を回り、日没後は雪国独特の空が群青色に染まり始めた。

そんな中、やってきた下り雪レ。

s-_MG_1181.jpg
雪351レ DE15 2515

この日は大きめの銭湯を宿にした。ネット使え、安いし風呂も非常に快適だった。

翌日に備え、日が変わる前に寝る。


明くる3日も激しい地吹雪で一時的に視界が白一色と化する。

宗谷らしい非常に過酷な撮影だった。

s-_MG_1186(1)7.jpg


--- to be continued.

スポンサーサイト
[ 2013/02/08 01:00 ] 宗谷本線 定期排雪列車 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。