スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

私にとって人生最後の搭乗となるであろうANAジャンボ。

この当たり前の風景が一つまた一つと消えゆく時の流れについて行けず、取り残されてしまいそう。

エイトとは異なり乗って撮って、二年前の整備場見学では2機のジャンボが整備場内で並ぶ姿も見れたこともあり、後悔はほとんどありません。
今後その写真はアップする予定です。

沖縄では手土産を数個と搭乗手続きをしただけで滞在終了。

いよいよ最後のフライトに搭乗。

s-_MG_53397.jpg
思う存分那覇空港の名物“ラン”の花を取り込み・・・

機内では、食事を頂いた後は疲れですぐ寝てしまうという失態。
マグネットもそこそこ集まりましたが、コンプは無理でした。

s-_MG_53957.jpg

往復搭乗証明を頂き(復路はチーフのサインとお礼入りでした)、降機。

あっという間の突発沖縄往復。最後に味わえて大満足でした。



以上
スポンサーサイト
[ 2014/03/29 23:00 ] 那覇空港 ROAH/OKA | TB(-) | CM(0)

帰郷

周遊フライトを見送った日の夕方。

撮影する場所にはとにかく悩んだが、再び小さな集落の一角に私は立っていた。

日没迫る夕暮れ時。

山影が集落を刻一刻と飲み込んでいく。


太陽が山の向こうへ沈む数分前、ジャンボが帰ってきた。

オレンジ色に染まった機体の美しさに感動しながら最後の福島降りを見届けた。

s-_MG_49507.jpg


--- to be continued.
[ 2014/03/28 13:00 ] 福島空港 RJSF/FKS | TB(-) | CM(0)

For the last time

皆様こんばんは。先月から始めた人生初のアルバイト。
昨日(24日)はそのアルバイトがお休み、なおかつ暇だったので小さなカバン一つ持ち、昼前に起きて空港へとことこ向かい、羽田で航空券購入。

もうお分かりでしょう。散々撮ったものはやはり乗ることも大切(謎

先日撮影したJA8961の那覇行きに揺られ日帰り往復(滞在時間わずか40分でした)

いつもは硬い文章ですが、今日は趣向を少し変えて搭乗記風を醸し出しつつ書きます(笑)


さて、先月も沖縄に行きましたが、その前の二週間前の札幌行きでは当日の朝に機材変更に遭い、次の便はジャンボでしたが私の便は皮肉にもピースジェット・・・という屈辱を味わいました。
今回は後悔を残さないためにも、そして最後の搭乗という意味も込めて行ってきました。


s-_MG_52217.jpg
一か月ぶりにリベンジ。今日は無事ジャンボです。


プレミアムは空席待ちを掛けましたが満席。しかし、座席は・・・・

s-_MG_52257.jpg
いつも通り(?)、86A,Cを確保出来ました。

定刻を過ぎてもPBが始まらず、何事かと思えば貨物室に電源が入ったままの携帯があるとのことで検査。
30分遅れでRW16Rへ向かいローリングテイクオフ。

s-_MG_52346.jpg
離陸後しばらく経つと眼下には富士山が見えてきました。この構図を狙いたくて片道○万叩いてます。

付近に座っていた沖縄の自宅へ帰る方々やお仕事のついでにせっかくだからジャンボにしたという方、お母さんとジャンボの機内を探検して歩く男の子。広いようで狭いアッパーデッキで色々な人と出会い、話しあっという間に過ぎた3時間でした。

また、このフライトではルーク小沢さんにお会い、ツーショットやサイン入りポストカード等を頂きました!

遅延を回復することはなく、20分ほどの遅れで那覇に到着。

s-_MG_53707.jpg
最後に自席を撮影。
40分後には再び機内に戻ります。

--- to be continued.
[ 2014/03/26 02:00 ] 那覇空港 ROAH/OKA | TB(-) | CM(0)

ふるさと

私は高校卒業までにほぼ全国の県を自分の足で回ってきたが、総じて平成以前の建物が多く残る町には妙な愛着が湧き、再び訪れることが多い。

特に四国地方は最近のお気に入り。先週も松山へ訪れた。



さて、福島は震災直後の数回以来は足を運んでおらず、今回はかなり久しぶりに福島の地を踏むことになった。

当然空港にも初訪問、ジャンボが来るということで大盛況のターミナル。今後こんなに混むことはあるのだろうか。


さすがに空港周辺も県外から写真を撮りに来た方が多く見られ、有名なとある丘には車の行列。
やはりここまで来て誰かと同じ場所で,同じ構図で撮ることには何故か嫌悪感が出てしまうので、途中で見かけた小さな集落へ足を運んだ。

ラジオからは仙台と同様、着陸前のローパスの交信が聴こえる。


しばらくすると森の中からエンジン音が高まってくるが、高さも分からないので想像で構図を決める。


s-_MG_48667.jpg

ふわっと姿を現したジャンボと眼下には日本家屋が広がる風景。

来て良かった、と心底思えた瞬間だった。


以上
[ 2014/03/23 14:00 ] 福島空港 RJSF/FKS | TB(-) | CM(0)

傷と引退と

ここ連日、ひたすらアルバイトと旅行の日々が続き、画像を編集する時間も家でゆっくりする時間もなく体はボロボロ。

さて、先週末の土曜日。
深夜から仙台へ向かい里帰りフライトを狙った。

朝6時半。薄い雲と分厚い雲が広がり、晴れ間は消えていった。

上空にジャンボが現れ、時間調整?で周回を始めた。


仙台空港周辺は津波で流され、周りにはほぼ何も建物がなく無残な姿の木が数本。

構図が決まった。


s-_MG_48436.jpg

どちらも忘れることが出来ない脳裏に焼き付く一枚だった。


以上
[ 2014/03/22 23:00 ] 仙台空港 RJSS/SDJ | TB(-) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。