スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Revolution

先日、イランやインドネシアやソウルから無事帰国しました。
ISIL関連で中東は危ないイメージが以前よりも強まりましたが、イランは至って平穏。銃声が響くことはありません。


さて今回も往復IRのSPに搭乗し、テヘランでは飛行機撮影。
目玉となったのはマーハンエアのB743に国内線で往復搭乗したことでしょうか。

イラン革命の記念日が迫る中、撮影を決行しまして嫌な予感はしていましたが案の定警察に拘束されました。
今回はかなり厄介で3時間強は署に閉じ込められていました。

そんな中、目的だけは押さえることが出来ました。


s-_MG_01067.jpg
Mahan Air B747-300 EP-MND
この機体、かなり歴史がありまして、UTAに4機しか新製配置されなかった747-300の生き残りで、その後エルフラレジになりつつ最終的にイランへやってきたようです。

s-_MG_01177.jpg
この直後警察に拘束され、危うくこの後のマシュハドへのフライトそのものをキャンセルせざるを得なくなる所でした。


無事帰国できたことを神に感謝。


---to be continued
スポンサーサイト
[ 2015/02/21 00:00 ] メヘラーバード国際空港 OIII/THR | TB(-) | CM(0)

Persian Journey

そろそろ次のイランへ向けてチケット手配を始めているところではありますが、その前にインドネシアやらマレーシアへ年末に飛びますのでもう少し先になりそうです。


さて、前回の滞在ではまたイランらしいアツい化石群に出会えました。

朝、大きな轟音で目覚め、空港方向を臨むも手遅れ。
あれはB747かB707?どこか三年前に毎週聞いていたようなエンジン音だったため気になりました。

それよりも、よく見たら私の目の前にいる三発機はアセマンの727でした。
もう慣れてしまったので、ランプに進入してきたマーハンと一枚。

ss-_MG_89697.jpg
Iran Aseman Airlines B727-228/Adv EP-ASB


その後、テヘラン市内でお食事したり、イラン航空のパイロットの知人宅へお邪魔しつつ、午後には空港へ戻ってきました。
午後の順光時間帯。快晴のテヘランで撮影です。

着いて5分後には先日アップしましたIL-76、続けてやってきたのはこれまた大物でした。

ss-_MG_90587.jpg
Iran Air Force B747-131SF 5-8107
1971年にTWAにて導入され、1975年にイラン空軍に引き渡されたと記録にあります。
イラン革命前の生き残りジャンボ。世界でも最古参級の-100型です。
エンジンも従来のJT9D型とは異なり、B707のJT3Dに見られるエンジンカウルに切れ目があります。
突然建物の合間から現れたため、後追い気味ですがエンジン音は脳裏に焼き付きました。


--- to be continued.
[ 2014/11/29 00:00 ] メヘラーバード国際空港 OIII/THR | TB(-) | CM(0)

帰国

イラン・インドネシア両国共に素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。

s-s-_MG_90506.jpg
IR-GCAF IL-76TD 15-2282

夕方のテヘランにて2か月ぶりに再会を果たしました。


---to be continued.
[ 2014/11/10 22:00 ] メヘラーバード国際空港 OIII/THR | TB(-) | CM(0)

Persian sky

この冬、またイランへ行こうかと思いまして最近はまたイラン航空とやり取りしている所存であります。

日本にいるとイランに行ったことがある人という方とはなかなか会うことが出来ません。ましてや飛行機マニアでかつ、現地で撮影したという人となれば非常に極々一部の人しか見たことがないのが現状。
今回の撮影で現地の空港警察に拘束され英語の通訳と話して解放されたりとなかなか貴重な経験が出来た気もします(笑)
ただ、身の危険を感じることは皆無でむしろイラン人の優しさに何度助けられたことか。それも厚かましい有難迷惑な雰囲気ではなく、繊細なホスピタリティ。既にイランシックです。

そもそもイランという国自体、日本人からしてどんな印象があるか?と言われてみると大半の人が危険と答える。
ただ、行ったことがある人はその逆で、どこが危険か分からないと言えるほど安全。
イラン国内で事件があると、やっぱり危ない。と言う人が増えるが僕からしてみてはそんな危険な国だっけ?という感じである。


そんなイランで撮影した飛行機の写真を現像したので公開。

朝宿泊していたホテルを去り、車で滑走路からかなり離れた地点で500mmを構える。
続々とMD80系列といった比較的小型な機材が飛ぶ中、クラシックなA300B2が低い上がり。

s-_MG_78867.jpg
青空バックに決めることが出来ました。こういったクラシックA300なんて腐るほど見れます。

今度はイラン人の友人の友人(ややこしい)が住んでいる自宅にお邪魔し、着陸機を撮影。

s-_MG_81317.jpg
イランエアツアーのMD-82と味っ気のない素朴な住宅街を絡めてみました。モスクかなにかイスラムらしいものがあると思ったのですが。


--- to be continued.
[ 2014/09/15 18:00 ] メヘラーバード国際空港 OIII/THR | TB(-) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。