スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

交代

スウェーデンはキルナより更新しております。

時差8時間。なお北極圏のため、一日中太陽は上がらず常に夜の状態か続き鬱になりそうです(笑)



さて先日離日したエイト、実は前兆として駐機位置が変更されていました。
数名の方からの情報と写真を確認し、新旧2機のATIが並んでいるカットを狙うべく、夕方学校帰りに行ってきました。


移動前まで駐機していたC○の段階でも何度となく撮影してきましたが、しっかり2機並んでいる姿を見たのはこれが最初で最後。
かつてはN799ALとN41CXが数週間並んでいましたがそれを狙わなかったことは今でも悔やんでいます。

ともあれ、この段階で移動されエンジンテストを行い荷物も機内に積み始めたということでもう予測と覚悟は容易でしたが、これを撮影した二日後に帰国となった。

s-_MG_16197.jpg
丹沢を背景に夕焼け空の横田に佇むエイト。当たり前の光景だったがついに幕を下ろした。


三年間でこのブログに掲載可能な記事は計72であった。
DC-8の72、何だか面白い。

以上
スポンサーサイト
[ 2013/12/25 14:00 ] Douglas DC-8 | TB(-) | CM(0)

旅立ちの日に

昨日17日の夜のこと。
私は夕方から基地に張り付きひたすら待機。そう、エイト様のお帰りである。
先日から駐機位置の変更や荷物を積んだりと密かに準備が進められていたので時間の問題と思っていたが、やはり年を越すことはなかった。

定刻の17時になってもエイトに動きはなく、ギャラの下り、RC-135、ワールドが先に飛び去った。
すでに待機して2時間が経過。


いつもエイトを共に撮影してきた一人の友人が遅延していなかったら確実に離日に立ち会えなかったのだが、彼は一か八かで特急を使い駆け付けてきた。
彼と合流した後の19時3分、まるで我々を待っていてくれたかのようにATN721heavyの交信が始まった。
コールサインもN721CXから取ったのであろう、本土オークランド行きの片道フライト。


19時28分、RW36へ向けタキシング開始。
ナトリウム灯に見慣れたシルエットが浮かぶ。ひたすら目に焼き付けると共にシャッターを 夢中で切り続ける。



s-_MG_18256.jpg
Air Transport International DC-8-72CF N721CX

19時36分、ローリングテイクオフで滑走開始、夜空へ消えていった。
衝突防止灯が見えなくなるまで15分ほど目で追い続けた。

最期の最期まで遅延という相変わらずのエイトっぷりに何故か笑ってしまった。

三年間に渡るDC-8撮影についにピリオド。 計200回越えの基地通い。

楽しかった。ありがとうDC-8


以上
[ 2013/12/18 20:00 ] Douglas DC-8 | TB(-) | CM(0)

脱け殻

B757に役目を譲って3週間近く放置されているN721CXではあるが、前述のとおり駐機位置がなかなかいい場所なので、飛ばなくとも引退後はそれ狙いで何度か撮影してきた。

下手したら一ヶ月放置されそうな勢いではあるが、いつ離日してもおかしくないと思うので撮れるだけのことはしておきたい。
きっと、二度と日本の風景を入れて撮れないのだから。


さて、2週間ほど前の月曜日の早朝。タキシングにおいて、B757とDC-8という新旧並びの実現を期待するも残念ながらRW36に従ってしまった。

それが悔しくて12時間後の午後6時、ハスキー4段を抱えて横田へ向かった。

現地に着き、感度100のSS30秒という露出の中テキパキと撮影。


s-_MG_013977.jpg
Air Transport International DC-8-72CF N721CX
まるで小さな民間空港に駐機しているようにも見えるDC-8が撮れた。

DC-8が離日してしまったら、何を撮ればいいのだろうか・・・・。



以上
[ 2013/11/21 04:00 ] Douglas DC-8 | TB(-) | CM(0)

ATN460heavy

耳にタコが出来るほど聞きなれたこのコールサイン。

今日も真っ暗の中降りてくることは容易に想像出来たが、もしかしたらN721CX最後の460便の横田アプローチになる可能性を懸念し展開。

もともと今日は撮影の結果よりも自分の目で東京へ舞い降りるエイトの姿を見たいがために片道2時間かけていつものように基地へ向かった。
辺りが暗くなった17時半。先日同様、エバグリとほぼ同時に入電。

無線機から響くこのATN460heavyのサウンドもどこか心に沁みる。
DC-8でこの便名を聴くのはこれが最後だろうか。などと思い浮かべる。

18時、タワーへ。
この後はシャッターを切るもまだPCに画像を取り込んでいないため今回は写真なし。




・・・



その数時間後、つまり先ほど。
先日試験飛行、そして昨夜アンカレジまで飛行していたB757・・・。
もうこの段階で予想は出来ていたがついに時が来た。

721の帰国まで数十時間といったところだろうか。

最後の離陸も見送れればいいのだが。



s-IMG_2836(1)4.jpg
Air Transport International DC-8-62CF N41CX 2011/11/3

余談だが、この場に及んで41が来るとかいう噂がまだある?
しかしどう考えればハワイ線撤退を余儀なくされたN41CXがわざわざ横田へやってくるのか・・・。
まあ何かの理由で来たらそれは嬉しい。信じたいところだが。


以上

[ 2013/11/01 22:00 ] Douglas DC-8 | TB(-) | CM(0)

引退

迫りくるXデーに胸が痛みます。

いよいよ後戻りの出来ないところまで時は流れてしまい、来る最期の時が手に取るように見えてきます。

最後まで生き残った2機でしたが、新年は迎えられないような雰囲気ですが、果たして。


s-IMG_5620(1)7.jpg
Air Transport International DC-8-62CF N41CX

散々追い回した者として、離日くらいは静かに見届けたいものです。

以上
[ 2013/11/01 11:01 ] Douglas DC-8 | TB(-) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。